FC2ブログ
   
01
2
4
8
10
13
15
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ワンコと孫

ただいま、キッチン、リビングをリフォーム中の我が家 
日中、工事中はリビングには入れず、キッチンやリビングから出した
荷物であふれあがってる寝室でポテチと二人、時間を過ごしてます。
狭いスペースの中、ポテチも頑張ってくれてます 

職人さんが帰ると、やっとリビングにソファを戻し、ポテチもいつもの
出窓でホッとしている様子。
孫1
今日の工事も無事終わったね 

狭いところで頑張ってくれて、ありがとね 

リビングを少し片づけてから、ポテチのお散歩スタートです 
やっと広い場所に出られて、ポテチはとっても嬉しそう 

ポテチー!楽しい?
       孫2
             チョー楽しい 

いつにもまして、笑顔です 

孫3
     ぷうこ!公園、行こ  

あいよ 

昼間は工事の音でぐっすり寝られないので、夜はリビングで爆睡です 

       孫4
        ムニャ ムニャ 明日は出窓で過ごせるかな~ 

ごめんね、ポテチ。あと一週間あるんだよね。私と一緒に頑張ろう 

さて、タイトルにある『ワンコと孫』のお話。

15年くらい前になるでしょうか、まだ先代ワンコチャピが今のポテチ
くらい年だった頃のお話です。
近所に黒いワンコを飼っている70才くらいの方がいらっしゃいました 
よく吠えるワンちゃんで、その家の前を通るとよくわんわんとワンちゃんの声が聞こえました。
飼い主さんがワンちゃんとお散歩する姿も時々見かけました。
でも、ある日ワンちゃんの声が聞こえなくなったことに気づきました。
もしかしたら、悲しみの時間を過ごされてるのではと思い、ワンちゃんのことを聞くことはありませんでした。

時は過ぎ、チビッコ時代のポテチとお散歩していると、その方と公園までご一緒する時間がありました。『まだ仔犬ね。前のワンちゃんは?』と
聞かれ、『1年前に天国に行きました』
その時、私も『前にワンちゃん飼っていらしゃいましたよね。』と聞いてみました。すると『死んだのよ。』と一言。
ワンちゃんがいなくなると、寂しいですよね・・・の問いかけに、
『寂しいけど、ホッとしたわ。』の答え。
ホッとした?・・・そういう風に考える人もいるんだ 
お世話が大変だったのかな?

昨日、たまたま母とその黒いワンちゃんの話になりました。
そのお宅、お孫さんが生まれて、一緒には住んでいなかったんですが、時々預かっていたそうです。
でもワンちゃんがすごくヤキモチを焼いて、病院で安楽死したそうです。
当時ワンちゃんは10歳。病気でも大怪我をしたわけでもないのに。
事実を知って、とっても悲しい気持ちになりました。

それ以外の方法はなかったんでしょうか?
ワンちゃんは、最期に見捨てられたことに気づいたのか?それとも眠くなってきたから、ちょっと寝るけど、目が覚めたらまた飼い主さんが
美味しいご飯を作ってくれると信じていたのか?
ワンちゃんのことを思うと心が痛みます。

母は、それを知っていたら、お孫さんを預かる時だけ、ワンちゃんを
預かったのに と寂しそうに話してました。

家庭の事情でワンコを飼えなくなることもあるかもしれませんが、
なんとか命を奪わない最大限の努力をしてほしいと願うばかりです。

いつも応援、ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

ぷうこ

Author:ぷうこ
名前 ポテチ 男の子 2011年10月3日生
人見知り犬見知りをしないイケイケシーズー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/37r94d0amhet

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

ブロとも一覧


大阪でペットとお出かけ出来るNEWスポット!!Four-M PET

みうたん&るかたんのほんわかな日々

我が家の高齢犬

もちみのブログ

フリーエリア

20131028155440963[1]

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア